言いたいことは山のごとし(^^)

冷奴の!女遊びエンジニアリング!

見習いエンジニアが女遊びを真面目に学ぶブログだよ

恋愛工学でひも解く「非モテ叩き」

今日のテーマは、「なぜ女は非モテを叩くのか」だ。

 

昨今、2ちゃんねるのまとめサイトが乱立し、かつてアンダーグラウンドだった男女に対する女叩きが白日のもとに晒されることとなった。

それと同時に女男に対する男叩きも至る所で散見され、トゥゲッターでは男女ネタはコメント欄が炎上し、日夜お祭り騒ぎになっている。

 

男が女を叩いて、女が男を叩く。

一見するとどっちもどっちだしええやんけ、と思うかもしれないが、僕はこの応酬にとある「非対称性」を見出した。

 

女の女叩きの内容を見てみると、

「あの女絶対俺のこと好きだと思ったから告白したのに、断られた挙句女子会でネタにされてた。女はクソ。」

「女にデートの約束ドタキャンされた。女はクソ。」といった、非モテモテ女に対する暴言が数多く見られることに気づく。

 

一方で女男の男叩きは、

モテ女、非モテ非モテ男といった構図で行われることが多い。

 

ツイッターはあちゅう()さんが元上司のセクハラを告発し、ネットユーザーに過去に彼女が行っていた童貞叩きを批判され、炎上騒動になったのは記憶に新しい。

はあちゅうさんは一度は非モテ叩きのツイートについて謝罪したが、その後すぐに謝罪を撤回する。

 

また、女性向けの恋愛コラムなのに、何故か男性に対してダメ出しをする記事を見たことはないだろうか。

車道側を歩かない男はダメだの、話が面白くない男はダメだの、男側からしたら余計なお世話だの一言だが、こういう記事は得てして女性の共感を得やすい。

ニュースアプリのコラムで1日に1記事はかならず目にするのがその証拠だ。

 

ここまで見てきて、女叩きは主に女の「モテ」的な行動に行われるのに対し(非モテ女のミサンドリーフェミニズムに対する批判など、例外はある。)、

男叩きは主に男の「非モテ」的な行動に対して行われるのにお気づきだろうか。

 

 

なぜ「ジェンダーフリー」の世の中において、

非モテ男は何もしていないのに、ただただ慎ましく生きているだけなのに、

各方面からボコボコに叩かれ続けるのだろうか。

 

恋愛工学では、女は「Good genes」を持った男の遺伝子を欲しがるとされている。

どんなに貞操観念が緩い女性でも、この要素を持っていない男性にセックスをさせてくれることはない。

 

非モテ(元非モテ)の僕たちなら手に取るようにわかるだろう。

なんであの子はみんなとセックスするのに、僕にはさせてくれないんだろう、というあの感覚。

それは女の繁殖戦略として、非モテとは絶対にセックスしてはいけないという鉄の掟があるからだ。

非モテに孕まされた女は非モテの子を産み、その子が童貞/処女のまま死ねば、遺伝子の拡散に失敗する。

だからこそ女は非モテとのセックス可能性を全力で排除しなければならないのだ。

 

ここで、ジェンダーフリーという「文明社会の産物」と、非モテを叩いてセックスを遠ざけなければいけないという「自然界の繁栄戦略の掟」の間に、壮絶なせめぎあいが生じる。

 

ジェンダーフリーのはずなのに、女は息を吸って吐くかの如く非モテ男を叩きまくる。

モテ女も非モテ女も揃って叩きまくる。

モテ男ですら非モテ男をボコボコに叩く。

 

恋愛コラムニストは恋愛指南だと称して恋愛市場の外縁にいる草食系男子を叩くし、

モテ女は自分にアプローチしてきた非モテ男をセクハラだと言って晒し上げる(はあちゅう事件はアプローチではなく紛れもないセクハラだが)。

 

はあちゅうさんも、全く無意識のうちに非モテ男叩きをしていたんだろう。

そんなことすっかり忘れていたかのような口ぶりで自らのセクハラ被害を告発し、炎上してしまった。

モテる女にとって、非モテ男は石ころ以下の存在だからだ。

 

現代のリベラルな価値観においてこれは完全なるダブルスタンダードに違いないが、女の遺伝子にとってはとても合理的で、一貫した行為なのである。

 

 

 

では非モテ男はどうしたらいいのだろうか?

一生モテ女やブスな恋愛コラムニストに唾を吐かれ続け、社会のストレスのはけ口にならなければいけないのだろうか?

 

それは違う。

 

筋トレして、オナ禁して、髪を切って、ナンパして、男を磨こう。モテ男になろう。

ストリートやクラブ、街コンで爽やかに美女を口説けるようになれば、社内の女にセクハラする気など湧いてこない。

ネットでグチグチ男の悪口を垂れ流す恋愛コラムニストや、男性蔑視のCM非モテ女のミソジニー批判など、どうでもよくなるはずだ。

 

現に僕はここ3ヶ月ほどで恋愛工学を学び、オナ禁を始め、筋トレを嗜むようになり、随分とマインドセットが変わった。

女が言う男の悪口にいちいち反応しなくなったし、むしろこの女たちは非モテ男しか周りにいないんだな、かわいそうに。という、一種の同情すら感じるようになった。

 

男女の対立煽りの記事に張り付いて暴言を垂れ流すより、筋トレでもして自分を磨いたほうが1万倍有益だ。

そのことに気づくのに24年もかかったことに、僕は深い反省とともに決意を新たにし、今日も男を磨き続ける。

 

 おわり