言いたいことは山のごとし(^^)

冷奴の!女遊びエンジニアリング!

見習いエンジニアが女遊びを真面目に学ぶブログだよ

ストリートナンパで初即日おせっせを達成した話

焦燥、嫉妬、絶望。

 

ナンパを始めて2ヶ月経つにもかかわらず、なかなか結果が出ずに焦っていた僕。


準々即(会って3度目でセックスすること)は1度だけできて、セフレ化にも成功したものの、まだ即(会ったその日にセックスすること)を味わっていなかった。

 

社会人で週末しか出られないとかそういう制約はあるにせよ、始めて1ヶ月で即りまくっている人だっている。

 

なんで僕は彼らのようにできないんだろう。

 

そんな惨めな感情が、僕の心を満たしていた。

 

 

 

 

巡ってきたチャンス。涙を飲んだ敗北。


GW某日。いつものようにAくんと声かけをしていると、なかなかの美人を発見、声かけ。
オープン。Aくん連れ出し打診。いつものことながらとてもスムーズ。

 

 

 

今回は花をもたせてくれるつもりだったらしく、Aくん帰宅。僕はアイスクリームルーティンを使って個室打診。


…が、通らない。個室グダなのか、終電グダなのか。


もともと警戒心が強く、食いつきを上げきることもできなかった。


路上で2人でアイスを食べ、解散。


めちゃめちゃ寒かったのと、めちゃめちゃ可愛かったのは覚えている。笑

 

せっかくAくんがパスしてくれたにも関わらず、即ることが出来なかった悔しさで、僕は泣きそうになりながら新宿の街をGT(オールでナンパすること)していた…。

 

[https://twitter.com/pua_investor/status/992432182265167874:embed#噂に聞いたのですが、アイスルーティン失敗して路上でアイスを食してGTする強者がいるようですかっこよすぎるぜ、、、、、

 

突然訪れた流れ。人生で初めての即。

昨日のリベンジをしようと、少し遅い時間に新宿に繰り出した僕。

久々のソロストだったからか地蔵してしまう。

 

2時間やって5声掛けというカスのような声掛け数を叩き出す。

 

深夜12時を回る頃、前日のGTで仲良くなったナチュラルモテ男君に鉄腕に行く約束をドタキャンされた僕は、無事終電を逃し、2日連続GTが確定していた。

 

くろのさん、ソーダーさんたちと合流し、地蔵トーク

 

目の前で飲み会帰りの集団が散り散りになっていく。

 

仲間に別れを告げ、1人離れていく女性。結構可愛い。

 

すかさず追いかける。ポジション、距離感、声量、笑顔を意識して声掛け。

 

「こんばんは!」

 

こっちを見る。可愛い。

前日の子ほどの美人ではなかったが、女医の西川史子を若くして可愛くするとこんな感じだろう。

 

f:id:tatamisan12:20180508023851j:plain

 

 

「すいません、なんか黒魔術使えそうな服着てるなぁ〜と思って!」

 

(なんか黒のひらひらしてる服を着てたので、よくわからないオープナーを投げた。

普通に反省した。)

 

ガンシカ。だがニヤニヤしている。これはいけるだろ。

 

「今日しゃべらない日ですか?たまにそういう日ありますよねえ。」

 

「実は俺も今日しゃべらない日なんですよ〜。」

 

ここで案件がクスクス笑い出す。

 

「飲み会帰りですか?社畜飲みとか?」

社畜ってwwまだ大学生ですw」

 

なんと。かなり大人っぽく見えたが20歳の大学生らしい。

焦らず自己開示、状況説明。

 

「てか一旦止まろw喋りにくいw」

 

立ち止め打診。理由をつけてスムーズに。

 

「いやいや帰りますよw」

 

「でも帰ってもさ、プロテイン飲んで寝るだけでしょ?プロテインより1杯だけお酒飲もうよ?」

 

「なんでプロテイン?wえ~、じゃあ池袋ならいいですよ。タクシーで帰れるんでw」

 

おお!打診通った!

 

電車で池袋に向かい、居酒屋イン!

 

「ねぇねぇこういうときって何話せばいいんだろうねw」

 

「自分で誘っといてなんですかそれww」

 

実際に連れ出した経験は中々なかったので、本当に何をしゃべったらいいのかわからなかった。笑

 

話を聞いていくと彼女、なんと1週間前に彼氏に振られたばかりらしい。

しかも彼氏が他の女に乗り換えたらしく、次の相手を頑張って探しているらしい。

だからついてきたのか?理由はよくわからないが流されやすそうな子だ。

 

恋愛の話で盛り上がる。

ぴーとさんが使っているというルーティンをお借りして試してみた。

 

「ねえねえ、俺って今のところ男として何点?w」

 

「ええ~wwうーん、、、60点くらいかなーw」

 

うっうーん。。。微妙過ぎて笑えない。

だが楽しそうにしているので脈は全然ある。

 

女の子の言葉を真に受けるのは非モテマインドセットだ。

俺はPUA。言葉じゃなくて行動だけを見る。

 

 

 

飲み始めて1時間ほどたった頃。

そろそろ潮時か?あえて盛り上がったところで切り上げる。

まだ話したいと思わせるためだ。

 

店を出たところでハンドテスト。

 

「迷子になるから手繋ごw」←ここで既に手をつないでる

 

「あたし池袋慣れてるから迷子ならないですよw」

 

「いや俺が迷子になるからw」

 

「意味わかんないww」

 

なかなかいい雰囲気なんじゃないこれ??

 

 

「さっき音楽の話してたらカラオケしたくなってきたわwそこ入ろうよ。」

 

「いいですけどあたし下手ですよw」

 

手つなぎからの個室打診も通った。これはいけるだろう。

 

カラオケに入り、2、3曲爽やかに歌ってからのギラ。

 

フレグランスルーティンからのキストライ。

 

ノーグダ。

 

パイ揉み。

 

ノーグダ。

 

カラオケでそのままやってもよかったが、ここの部屋、めちゃめちゃボロい上に狭い。

 

「場所変えよっかー」でクロージング。

 

タクシーで帰れる距離と言っていたのでヨネスケ(女の子の家に上がること)打診をするが、それは普通にグダられた。

 

近くのホテルにイン。だがエントランスでグダが発生する。

 

「いや〜〜やっぱ帰るwwwダメダメこんなのw」

 

「大丈夫wべつに○○のこと軽い女とか思ってないよ?こんなの普通だよ。」

 

「俺が勝手に口説いてるだけでしょ?○○全然悪くないじゃん。」

 

建前グダを完璧に見切り、貞操観念を肯定してあげつつ自分が悪者になる。

 

声かけやLINE打診、セックストライの責任は男が負えばええんです、

女は男の度胸に身をゆだねて、セックスという果実をくれるんです。

 

 

 

(やば、おれかっこい。。。)

 

 

 

 

最後は覚悟を決めてエレベータに乗ってくれたw

 

終始恥ずかしがられたが、無事即ることができた。

 

出会っから約2時間でセックス。

 

正直言ってめちゃめちゃ感動した。

 

ちょこっと前まで赤の他人だった、こんな可愛い女の子とおせっせできるとは。。。

 

 

 

 

 

やはりストリートには夢がある。

 

 

 

 

 

流れと慣れと車の運転

 

「いつまでも自転車に乗れない人なんていない。」

 

師匠であるAくんの言葉だが、非常に本質を言い表していると思う。

 

自転車の練習をしたのが遠い昔なので思い出せないが、代わりに自動車教習所での記憶を掘り起こしてみてほしい。

 

MT免許だと最初、運転に慣れるまでにとてつもない労力を費やすと思う。

 

安全確認、サイドブレーキを下ろし、シフトを1速に入れ、アクセルをふかしてクラッチを上げ、キープしながらアクセルを踏んでいき、クラッチを離す。速度が出てきたらクラッチ切ってギアチェンジ。

 

路上での信号待ちだったらこれを一瞬で行い、さらに右左折の際はウインカーを出したり、ハンドル操作が必要になってくる。

 

とてもじゃないけど、いきなり全部うまくやれと言われてできる操作ではない。

 

特に僕は物覚えがかなり悪いので、3時間もオーバーして教習所を卒業したw

 

だけど今では呼吸をするかのように運転ができるし、なんならタバコを吸ったりコーヒーを飲みながら運転する余裕だってある。

 

ナンパも一緒。声掛けのポジション、笑顔、声量、距離感、自己開示、各種の打診。

 

すべてを完璧にやろうとしてできるわけではないが、意識してやっていくことで自然に身についてくる。まさに息を吸って吐くかの如く、だ。

 

今回の子はめちゃめちゃ流されやすい子で、振られて1週間、しかもJDという即系の要素がそこそこ詰まった女の子だった。

 

正直、トークで仕上げたという自信はない。

顔刺しだったかどうかもわからないし、いったい何が刺さって即れたのか。

本人にも聞いたがお茶を濁されてしまった。

ただのラッキー即だったのかもしれない。

 

だけど講習で教わったことを地道にこなしてこなければ、今回の即もなかっただろう。

 

ガンシカと塩対応の嵐がつらくて、いくら声をかけたって即れる気がしなかった。

だがそのひと声ひと声の積み重ねは、僕の身体に即へのイメージを確実に染み込ませていたのだ。

 

めげないで続けてよかった。

 

 

おわり