言いたいことは山のごとし(^^)

冷奴の!女遊びエンジニアリング!

女遊びはダブルチーズバーガーのセットみたいなもんだ、食えば食うほどのめり込んでく。そうだろ?

大切な人ができたので引退しますって話

こんばんは、冷奴です。

 

恐らくこの記事が、僕がナンパ師冷奴として執筆する最後のブログになると思います。

まあ引退宣言みたいなもんだと思ってください。

 

 

婚約した話について


婚約って口約束で「結婚しようね」って言い合うだけでも一応成り立つみたいですね。マジでいまそのレベルですが、一応婚約といったらそうらしいのでそういうことにしておきます。

 

お前ツイッターで舞い上がりまくってるけど本当に大丈夫なの?!またどうせすぐ別れるんじゃないの?と皆さん心配されていると思いますが、多分大丈夫です。

大丈夫という確信を持ってのろけています。

 

その証拠に、2019年4月頃と8月頃にできた彼女の時はそれほど大々的にのろけていません。薄々すぐ別れてしまいそうだなという予感があったのでしょうね。

でも今回は違います。マジで体中に電撃が走るかのような出会いだったんです。

 

あ、この記事半分はのろけ話なので別に聞きたくねーよという方は読み飛ばしてください。

 

正直、「俺たちまぢで気合いすぎじゃね?絶対結婚するかんな?(はぁと」とか言ってる中学生みたいなノリと何が違うんだよと言われますと、うーん、まああまり違わないのかもといったところはあります。

 

ただ、そういったノリ軽めのクールな中学生と僕とで違うところを挙げるとするならば、そこそこ異性との恋愛経験もあり、女性経験も並みの人の10倍はあり、目の前の女の子がどういうルーツを持っていて、人に依存しやすいのか、自己肯定感は高いか低いか、理性的か感情的か、人に心を開きやすいかそうでないかを見極め、自分と長期的関係を築くにあたっての相性を推し量る力がそれなりにある点だと思います。

 

別の記事で言及しましたが、僕にはかつて3年半交際していた彼女がいました。

その彼女との出会いですら、今回の子との出会いの衝撃には及びませんでした。

 

「こっこれはいわゆる運命の相手だ!!!」

 

普段運命の相手()とか、なにお前コカインでもやってんの?と馬鹿にしていたような、キャッチーなフレーズなんて使いもしない、てか死んでも使いたくねえと思っていた陰キャな冷奴さんですが、今回ばかりは思わず口から出てしまったのでした。

 

ナンパアカウントとしてツイッターを始めて2年とちょっとが過ぎましたが、女修行と銘打ってはいるものの、半ば遊びで始めたナンパでした。

ましてやTinderも、この自粛期間で楽に性欲処理できればいいなくらいに考えていたんですが、まさかそこでこんな素敵な出会いがあるとは思いもしなかったのです。

 

4月はティーダから教わったネトナンメソッドで、自粛ムードの中一人シコシコとメッセのやりとりを続けていました。

今月はそれまでに3人即りましたが、可愛い子もいたり、写メ詐欺にあったり、ドタキャンされたりとまあいつも通りといった調子。

コロナのせいでアポが取りにくかったり、逆に女の子みんな暇していて取りやすかったり。

界隈を見渡せば、箱のクラスタもストのクラスタもみんな家にこもってネトネトネト。一部の人たちはやはりこんな時期にもスト出ていてすげえなあと思ったり。

 

オープナーややり取りはすべて定型文です。

 

「やっほー!」

「やほー。」

「Tinderで彼氏探し?遊び相手探し?」

「んー暇つぶし~。」

「じゃコロナで暇だし電話しよーよ。」

「いいよー。」

 

って感じで電話して食いつき上げてしれっと直家みたいな感じ。

は?俺もっといい方法知ってるしみたいな異論は色々あると思いますが、本筋とあんま関係ないのでとりあえず勘弁しといてください。

 

で、とある子とマッチ。
うーん写真見た感じそんなに可愛いわけじゃないなー。

てかこれわんちゃん写メ詐欺ありうるな。あんま期待しないでおくか。と電話移行。

 

色々話していくうちに90年代のくそドマイナーなV系が好きとか、シーシャよく吸いに行くとか、かつて2ちゃんねらーでわざわざ専ブラ(JaneStyle)入れてROMってたとか、好きな漫画やアニメ、その他のカルチャーや生い立ちのヒストリーが似すぎていて意気投合。アポまで日があったので毎日電話していました。

 

それほど可愛くない写メだったとはいえ高まる期待。

それとは裏腹に写メ詐欺だったらどうしようという不安も重なり、色々な意味でドキドキしながら迎えた当日。

 

待ち合わせの最寄駅に、小柄な女の子が立っているのが見えました。

 

可愛い。

 

マジか。こんなことあるんか。まさかの逆写メ詐欺。

 

なんか誰かに似てるなと思い本人に聞いてみると、「たまにまゆゆに似てるとは言われます」とのこと。

電話しているときからも感じていた擦れてなさ、隣を歩いていて伝わる緊張度合いから察するに、この子あんまり男性経験ないな?

ああ、この子、普通の女子が絶対通る道である、どのアングルからの顔が一番盛れるかの研究してないから写メ可愛くなかったのか、と妙に合点がいったんですね。

その割には垢抜けてたけど。

 

で普通にパレ搬して、リモートワークだったので会議終わらせてから一緒に映画みてギラついて即。感度良くて小さくて可愛かったです。

のはいいんだけど、騎乗位したらあまりに声でかかったので、

 

「大丈夫?痛くない?」

 

と聞くと、

 

「大丈夫。気持ちいい。好きな人とできてうれしい。」

 

と答える彼女。今なんつった?

 

「好きなの?」

 

咄嗟に腰振るのをやめて聞き返す冷奴。(冷奴さんは騎乗位中も自ら腰振る派。)

 

「うん、初めて電話した時からいいなぁって思ってた。」

 

マジか。どうしよう。

 

「じゃ付き合う?」

 

咄嗟に口をついて出た言葉。

なんとなくこの子だったら仲良くやっていけそうと思ったのと、

別に彼女ができたところで今まで通り活動続ければいいと思ってたんです。

現に前付き合った2人の時はそうしてたし。

 

「付き合ってくれるの??」

 

「うん笑。てか付き合おうよ。俺のほうがお願い。」

 

わざとこちらからの食いつきを高く見せて喜んでくれたらいいなーとか、この時はマジでそんなこと考えてました。そんな思いから出た発言。

 

そんなこんなでセックスした後一晩一緒にいて、彼女が帰った次の日1日空いて、また会って今度は丸2日間くらい一緒にいました。

 

会ってないときもずっとLINEのやり取りはしていたし、お互いに秒で既読つけて他愛もない話をずーっとしていました。むかーしのマイナーな漫画とかゲームのキャラの性能の話とか、服とかコスメとか映画とか本とか。

 

そんな中、いつのまに彼女にどハマりしている自分がいることに気づきました。

 

普段あまり女の子とのLINEでデレデレしたりしないんですが、あいしてるとか言ってみたり、結婚しよって言い合ったり、結婚式どうする?とかお互い話したり。これ実際会ってるときも話してました。笑

 

文章にするとキモすぎるし、こうやってブログにわざわざ書いてネットに公開する話ではないからこそ、2人の秘密の会話としてお花畑全開なことが言えるわけで。

他人に言ったら秘密ではないし、脳内お花畑トークもできなくなってしまう。

まあでもいいんです、どうせ垢消すし。このブログも多分消すし。

 

セックスしてる最中の好きとか信じるなよ!って、古今東西の恋愛コラムニストのおばさん達が何億回も口を酸っぱくして言ってる言葉ですが、つい言ってしまってなし崩しに付き合うことになっちゃったのかな、と穿った見方をしたとしても、彼女、すごく楽しそうです。

 

LINEは秒で返ってくるし、寝てるだろうなと思って送った時間帯にも秒で既読がついて、「ごめんやり取り楽しすぎてLINE読み返してたw」とか言ってくるし。

 

なんかだんだんYUIの歌詞みたくなってきたな。もうのろけパート終了でいいだろ。

 

あ、あとすっぴん眼鏡スウェットのスト低冷奴も、普段のばっちりオシャレしてメイクして髪セットしているときの冷奴とのギャップがあって「シコい」そうです。

 

お互い見た目刺さってるって大事だよねー。

喧嘩した時「まあ可愛いからいいか。」ってなるしね。

 

 

冷奴のアカウントについて


で、僕としてはこれからどうしたいかというと、ナンパ師冷奴としてではなく、僕自身の生の姿として彼女と向き合っていきたいなと思っています。

 

早々に結婚っていうワードも出てるし、歳もお互い20代半ばで結婚願望はあるし。

一応口約束だけの婚約といった形ではあるものの、お互い本当に波長合うよね、結婚しようねといった話はしているし。一過性のものだったら悲しいですが。

 

あと冷奴のアカウントは消します。

 

だって彼氏がナンパ師でしたとか自殺もんじゃね?とかいう身もふたもない話は置いておいて、僕としてはもうナンパに対して月何十即とかするモチベーションもないし、それほど数を追うことに価値を感じなくなってきているので、ここらで引退がちょうどいいかなと。

唯一の心残りといえば、目の覚めるようなガチスト高!みたいな美女は2年やってて一度も即れなかったことですかね。まあそれも今となっては彼女大好きなのでどうでもいいっちゃどうでもいいんですけどね。

 

で、冷奴のアカウント消す具体的な理由はいくつかあって

 

①ナンパ師としての冷奴を綺麗に終わらせたい。

②即報とか即画とかの誘惑から逃れたい。

③ごく普通の、一般的な、常識的な価値観を取り戻して、彼女を大切にしたい。

 

といったところです。

 

①について。

僕はそこそこ自分のアカウントにプライドを持って、冷奴アカウントを運用してきました。

 

よく人にプライドないとは言われてきましたが、失敗談や実際に起こったことをツイートしてきたし、ブス即ったときも美女に負けたときも、絶対に捏造や誇張をすることなく非モテが女遊びするリアル」をツイートしてきました。

 

こういったリアルさや親しみやすさが多くのフォロワーの皆様に応援していただいた理由とも思っていますし、逆に不幸な人、ショボ腕等のイメージを抱かれる原因になったのかな、とも思います。

 

実際、僕は現実世界でどれだけ自虐をしようと、「常に自分のタイムラインを面白くしよう」と考えて日々のツイートをしてきました。その点については誇りをもって言えます。僕はナンパ師でありエンターテイナーだと。

 

あとハメ撮りや、最近流行ってる目だけ出した女の子の写真とかも載せてません。

簡単にフォロワー増えたりはすると思いますが、実際に身元が特定されない程度にテキストでシチュエーション書くのと、裸の写真載せられたりするのは、やられた側の不快さの度合いがまた違ってくると思ってるので。

 

別にハメ撮り載せたきゃ載せていいと思います。それぞれOKとする線引きが違うだけなのかなと。自分の承認欲求と、女の子に与える、または自分が被る実害は自分で推し量り、天秤にかけるべきです。僕は即の詳細やラインのスクショは載せますが、ハメ撮りは載せないって線引きでやってきたってだけですね。

こう書くとナンパ師は活動自体が悪なんだから~という方がいますが、じゃあナンパ師は人殺してもいいのかよとかいう不毛であったまわるそうな議論になりますし。全ては程度問題です。

 

また引退後、業者になることも考えたんですが、これってどうせ叩かれるだろうし、応援してくれていた人たちにはとっても申し訳ないし(お前アイドルか何か?って感じですが)、なによりいきなり即りまくる方法教えます!とか言い出したら胡散臭いことこの上ないよねって話です。お前それまでショボ腕キャラだったやろ、と。

 

どうせならこのままナンパ師冷奴は静かに眠らせてあげたいと。

余計なことをせず有終の美を飾れたらいいなと思った次第でございます。

まあ最近そもそも出撃してないし、やってもネトナンかオフパコだからもはやナンパ師としてはオワコンになりつつあったかもしれませんね。老害老害

 

 

②について。

これはもうそのまま。浮気したくないですからね。

ナンパの魔力ってまあまあすごいんですよね。

ちょっとタイムライン見てるだけであー箱行くかとかティンダーぶん回すかーとかなりますからね。我慢我慢。

 

 

③について。

1番の理由はこれですね。

ほんと、この界隈にいると世間の常識とかとズレてきてしまうんですけどね、

 

皆さん、彼女いる男性は普通他の女とセックスしたりしませんよ!

 

それがモテ男の習慣だとかいう方いますが、それってなーんか無理してない?大丈夫?

モテたいから無理して浮気してるんであって、モテる男が過ちを犯しちゃうのとはまた違うんじゃない?といいつつ僕も過去彼女がいたときは普通に浮気してましたが。

 

それと、ずっと新規追い続けるのってしんどくない?そもそも不特定多数とセックスするの飽きたなあ、この時間もっと他に有効に使えないかなあという思いもありつつではあるんですが、やはり元の生活に戻るにはやはりこの甘美でそそられる、ある意味異常かもしれない界隈の価値観から離れるべきなのかな、と思ってます。

 

とはいえ、月に5人も10人も新規の女性を抱きまくったこの2年間は、決して僕にとって無駄ではなかったなと思っています。

当時女遊びしたことなかったし、じゃあ試しにやってみっか、え!ワンナイトできた!俺でもいけるんやな!ってなったあの達成感というか高揚感は、なかなか言い表しようのないものがありました。

やっぱセックスできない、モテないって自意識は、男の人生でどこまでも付きまとってくるものなんですよね。それをうまいこと解消できて、そこそこ女の子に困らなくなったというのは大きな成果だったのではないでしょうか。

 

それと、界隈のスタンダードである「女は浮気する」ってやつ。

これは僕は信じたくないんです。「浮気しない女性もいる」という可能性を信じたい。

 

そもそもなんでナンパ師がこういうナラティブ(言説?)を信じているのかというと、ナンパ師自身が浮気性だからなんですよ。過去に女に浮気されたとかなんとか、理由は沢山ありますが、自分が浮気してるから相手の浮気を疑うってやつですね。ナンパ師自身が即系なんです。

 

また、「どうせ女は浮気する」と思っていると、「だったら俺も浮気してよくね?」と考えるようになり、パートナーとのコミュニケーションも雑になり、「あ、こいつ多分他に女いるな。ならあたしも浮気するわ。」となり、結果浮気されて「ほらやっぱり女は浮気するじゃん」となると。負のサイクルなんですよね。

 

「俺はこいつを心から信頼する。だから俺も浮気はしない。」と考えていると、自然と

パートナーに向き合う姿勢ってものも違ってくる気がするんです。

少なくとも僕が3年半付き合ってた元カノは浮気してなかったと思います

何故なら僕自身のスタンスが真剣であり、きちんと元カノに向き合っていたから。

「いや、お前が知らないうちに浮気してるからねその女。」とか言われたら何も言えないんですけど。それは悪魔の証明なんでまあうんって感じ。

最後の方はこの界隈見つけてストやってましたけどね。色々雑になって綻びが出たりはしてたと思います。元カノもちょっと察してたかも。

 

で、今の彼女が信頼できるかどうかでいったら。

まあ信頼できるんじゃないだろうかと思っています。

 

彼女の男性遍歴から、詳しくは語りませんが貞操観念(彼氏いるときに浮気しないモラル)はそこそこ高い子だと思ってます。

僕に直家で即られたわけだから、即系であることは間違いないんだけど。

 

でも即系だろうがなんだろうが、僕のことを好きと言ってくれたそのままの彼女を愛したい。恋人ってそういうもんでしょ?

 

それにこの界隈、すんごいイケメンとかすんごいトーク上手いクラスタ沢山いますが、今の彼女を即れといったら、少なくとも誰にも即られない自信はあります。

それほど魅了できていると思うし、なによりそう信じることがパートナーと向き合う姿勢として大事ということもあります。

 

甘っちょろい理想論かもしれませんが、僕は例え男女が永遠に分かり合えないものだとしても、綺麗なお題目を信じていたいでござるよってことですね。

みんなるろ剣読んでね。いい漫画だから。

 

というわけで超々長いお説教みたくなりましたが、(てかここまで流し読みしないで読んでくれた人どれくらいいるんだろ。)冷奴はこれをもってナンパクラスタを卒業したいと思います。

 

戻ってこないと思うけど、戻ってきたら叱ってね。

 

この2年間、本当に本当に多くの方に支えられて、ナンパを続けてきました。

最初期に合流してくれた獅子師(死んだけど)やkyoさんをはじめとした古参クラスタの方々、普通に飲みにいったりする仲にもなったみどり、パコキン、福、桐山、おにぎり、黒豆、ティーダエトオ、メーデ。講習させていただいた皆様。

本当に色んな方々と合流して、刺激を貰い、沢山の女の子と知り合えました。

 

そしてなによりこんな有益でもなんでもないアカウントをフォローしてくださっていたフォロワーの皆様!本当にありがとうございました!

 

またどっかで会えたらいいね!以上!おわり!

 

2020年4月28日 冷奴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかわり禁止で半年間ナンパ頑張ってみた。

こんばんは、最近ネトナン野郎の冷奴です。

 

すごく今更になってしまうんですが、今回はおかわり禁止で50GETまで頑張ってみた感想を綴ってみたいと思います。

 

9月頃、僕は確か10ゲットくらいしかしてなかったと思うんですが、その頃から既セクおかわり禁止を掲げて数追いをしてきました。

 

理由はいくつかあるのですが、その頃仲良くしていた福がちょうど月間20ゲットを達成し、100ゲットするまでおかわり禁止を宣言していたため、それがかっこよくて影響されたということ、

 

この出来事により心が折れたこと、

tatamibrog.hatenablog.com

 

 

それともう一つは、既セクに費やす時間とお金を全てナンパに割き、ひたすら数を追ったら質も上がってくるのではと考えたことです。

 

おかわり禁止をしてみた感想

とにかく辛かった。マジでこれに尽きる。

凄腕ならいいんでしょうけど、僕は平均月5ゲットくらいのショボ腕ですし、そうなってくると月5回しかセックスできないわけなんですよ。

 

セックスしてない男の匂いを女の子は敏感に感じ取りますし、自分自身即への執念で仕上がってないのに打診して破綻したりすることが多かったです。

 

女慣れ感は身につくのか?

ナンパをしていくうえでめちゃくちゃ重要な「女慣れ感」。よくオーラとか雰囲気とか色気とか言われるやつですね。

これも女の子が男から敏感に感じ取るものです。

 

結論から言うと、あまり身に付きませんwwww

 

何故なのか?

 

仮説ですが、即ってポイだと女の子と接する時間が極端に短くなるからというのと、

セックス技術が身につきにくいため、いつまでも下手なセックスをしてしまい、女の子からの肯定を得づらいからなのではないでしょうか。

 

女慣れの正体とは、恐らくいつでも女の子と時間が過ごせる、セックスができるという自信のことであり、

 

なんとか月5ゲットできる程度では、毎度毎度どうしても即への焦りが出てしまうような気がしました。

 

それに加え、ナンパ界隈では既セクと縁が切れてしまうとか、彼女にしたのに何故か音信不通になってしまうという不可解な現象が度々起きますよね。

 

また、前述した、9月に即った可愛い子をキープするのに失敗した辛い経験があったため、キープや彼女化から知らず知らずのうちに目を背けていたんだと思います。

 

おかわり禁止は性欲という強いモチベーションに頼った、画期的な即数稼ぎの手法ではあると思いますが、非モテのうちからやるべきではないのかもしれませんね。



ブスには慣れても、美人に慣れない

女慣れという言葉を使って書きたくなったので書いておきます。

「女慣れ」と一言には言いますが、ブスに慣れていても美人には怖気づいてしまうという方は多いと思います。

僕もそれなんです。おかげでいまだに美人と初回セックスする時にチンコが立ちません。笑

 

数追いをしていたこの半年間、わりと沢山のブスを即ってきました。

そのためブスな子に対しては全く緊張せず、自然体で接することができるようになりました。

自然体どころか、「こんなイケてる男が声かけてやってんだ、感謝しな!」くらいのマインドで接してます。

そのため塩対応されるとめっちゃムカつきますが。笑

 

けどやはり滅多に可愛い子は即れないので、可愛い子に対しては未だにビビッてしまうんです。

 

ですが1番即数が多かった2月は、12人中3人は冷奴値6を超える女の子たちでした。

6というとだいたいクラスで3番目に入るくらいなので、結構可愛い子たちですね。

 

そのうちの1人が今のオンリーなのですが、オンリーをキープするように(されるように)なってから、あまり可愛い子に対して物怖じしなくなったような気がします。

 

綺麗な人がいても、あ、綺麗な顔してんなぁ〜〜と思うくらい。そもそも綺麗だからどうこうって思う発想さえなくなりました。

 

イケメンでもないのにモテる奴は、恐らくこの感覚を若い頃から持っているはずです。

美人をただの女友達として扱う感覚。

物怖じしない、特別視しない、女として見ない感覚。

これがやはり大事なんだということに気づきました。

 

女慣れしてる、刺せる雰囲気を持ってるクラスタでいうとジナンですかね。

彼と初めて出会った時、歳下なのにも関わらず「こいつに嫌われたらヤバイんじゃないか」と思わせるオーラをひしひしと感じました。

これはモテるわー刺せるわーと思ったのを鮮明に覚えています。

ちなみにジナンはフツメンです。(イケメンっていうと本人怒りそうだから)

 

ともかく、手っ取り早く女慣れしたいのであれば、可愛いキープを作ってください。

 

誰かが言ってたキープの手法なんですが、キープ枠を3人作り、

新規の可愛い子を即ったら、1番可愛くない子にバイバイして、新規をポートフォリオに入れるという手法がおすすめらしいです。(最低)

 

非モテはおかわり禁止しないで、可愛い子即れたらどんどんキープ枠に入れておきましょう。もちろん新規開拓もしましょうね。(僕最近全然ストしてないけど。)



おわり

即数記録シート、差し上げます。

こんばんは、冷奴です。

 

前回記事に載せた即数記録シートへの反響があまりに大きかった(主にキモイ、ドン引き、インキャw、非モテwみたいな反応ですが)ため、テンプレートを皆さんに無料で公開・配布することにしました。笑

 

即数が少ないうちは1即1即がとても貴重なものですし、こうして記録しておくことでこんな子即ったな〜あの即は感動的だったな〜とか、あの子どうしてるかな〜ってナンパの思い出に浸ることもできます。

 

またナンパを通して成長したい!と考えている方には、前回お見せしたようなゲット数とスト値推移のような、自分の即の分析をすることができる機能も多数実装しています。

 

今回はその機能と使い方を、1つ1つ解説していきたいと思います。

マクロは使用していませんが、多少複雑な関数を使った機能が多いので、セルの関数は弄らないほうが無難です。

 

ダウンロードの仕方

こちらのリンクからテンプレートを自分のGoogleドライブにダウンロードしてください。(上のメニュー→ファイル→マイドライブに追加)

https://docs.google.com/spreadsheets/d/14pazjJEQ7kRJ2wrrjJINPlgm1SmKyAwhN_jLDgFrrmk/edit?usp=sharing

※編集権のリクエストをされても渡せないので、押さないでください。

 必ずコピーを作成して使用してください。

 

Googleドライブを持っていない人は、Googleのアカウントを作成すると自動でついてきます。

こちらからアカウントを作成してください↓

https://accounts.google.com/signup/v2/webcreateaccount?flowName=GlifWebSignIn&flowEntry=SignUp

 

テンプレートの編集権は僕が持っているため編集できません。

テンプレートをコピーして使ってください。

(直接配布する方法もあるらしいんですが、どうやら有料の機能らしく断念。)

タイトルは好きに変えてもらって結構です。

 

シートごとに使い方を説明していきます。

 

GET案件一覧シートについて

即ったらこのシートに行を追加して、それぞれの項目を書き込んでください。

一番最後の行を全選択(行の一番左の番号が書いてあるところをクリック→右クリック→コピー)し、

次の行に貼り付け(全選択→右クリック→貼り付け)すれば、関数もすべてコピーされます。

 

基本的にはこのシート以外、弄る必要はありません。

 

このシートを更新することにより、他の全てのシートが更新されるようになっています。

 

自分で追加したい項目がある場合は、列の一番上のアルファベットをクリックし、右クリック→右に1列を挿入 で列を増やすことができます。

関数の参照元がずれることはないので安心してください。

L列については、デフォルトでは非表示になっていますが、平均カップ数を計算するための列なので値を編集したりしないでください。

 

ランキングシートについて

GET案件一覧シートから、スト値順とか年齢順とかで値を取得し表示しています。

俺結構可愛い子即ってるじゃん!みたいな気分になれます。

 

年次、月次集計シートについて

年、月ごとのゲット数、平均スト値、最低最高スト値、最低最高年齢が集計されます。

月間GET数の推移なんかは、自分のナンパの成長記録そのものです。

半年前1ゲットだったのに今は10ゲットできるようになった!とか思ってニヤニヤしながら眺めるのが正しい使い方です。

 

ナンパの種類も今のところこれしかないんですが、追加したければ行を全選択→下に1行挿入で追加してください。

また、月の列が足りなくなってきたら右に追加していくか、シートそのものをコピーして年ごとの月次集計にしてもいいかもしれません。

グラフについては好きにカスタマイズしてください。

 

各種集計シート、ナンパ種類別集計シートについて

こちらも閲覧用のシートになります。

UNIQUE関数を使って職業を取得しているため、職業欄がどんどん増えていきます。そのため行は多めにとっておいたほうがいいかもしれません。

 

スト値推移シートについて

先日の記事で書いた通り、ゲット数とスト値の相関関係を見ることができます。

こちらも最初のシートを更新すると自動的に更新されます。

 

データ集計用シートについて

こちらを弄るとカップ数平均が正しく計算されなくなります。弄らないでください。

 

 

説明は以上ですが、基本的に最初のシート以外弄る必要はないです。

エクセル詳しい方なんかは簡単にカスタマイズできると思いますんで、好きに弄って使ってみてください。

即数増えると更新するのが楽しみになるし、これを増やすためにナンパ頑張ろう!ってモチベーションにもなります。

 

無料で公開してますんでアフターフォローはできかねますが、バグ等があったらDMで教えていただけますと幸いです。

 

 

おわり

 

質なのか数なのか。選び地蔵している人に伝えたいブス即の大切さ。

こんばんは、冷奴です。

 

よーーーーーーーーーやく50GET達成したのでブログ書きます。

今回は、ナンパクラスタ最大といっても過言ではない、「数追いか質追いか?」という永遠のテーマについて書いていきたいと思います。

界隈でも何回この議論繰り返すんだよ…と言われてきたテーマです。

「奢る奢らない」「ブランド物を着るべきかどうか」に並んで頻出なんじゃないでしょうか。

 

このテーマについては、僕は自信をもって「数追いをするべき」と主張したいと思います。

その理由は「数を追えば質も上がる」からという、至って平凡な結論にたどり着いたからです。

理由について詳しく考察していきたいと思います。



即数と質の相関関係を紐解く

 

僕は2018年3月にナンパを始めて、1年近く経ってようやく先日、50ゲットを達成しました。(遅い)(ショボ腕)(鼻がブサイク)

体感として本当にかわいくない子ばかり抱いてきた記憶があるのですが、ようやく最近、かわいい子もちらほら抱けるようになってきました。

僕の体感だけでは大した証拠にはならないと思うので、今回はなんと、きちんとエビデンスを用意したうえでこの記事を書いています。

 

僕は即った子をGoogle Spread Sheet(以下GSSと呼びます。Google製のExcelみたいなやつです)に書き込んで、

いつどんな子を即ったかわかるようにしているのですが(キモイ)(インキャ)(だからモテないんだよ)

そのデータを分析してみたところ、以下のような結果が出ました。

 

f:id:tatamisan12:20190331212651j:plain

 

 

こちらが即った子の一覧をまとめたシートです。

詳細まで書いてあって非常に気持ち悪いですね。

僕に即られた子たちはかわいそうです。



この表をもとにして、あるグラフを作成してみます。

縦軸にスト値、横軸に即った順番をとり、即った案件をプロットします。

するとこんな折れ線グラフが出来上がります。もっとも僕は先程の案件シートしか触っておらず、プログラムが勝手にグラフを作ってくれてるだけなんですが。

 

f:id:tatamisan12:20190331213025p:plain

 

ジグザグなグラフができあがりましたね。

たまにとんでもないスト低を即ってるのは無視してくださいね。

このグラフを眺めるだけでもだいぶ面白いんですが、もうひと手間加えることによって新たな一面が見えてきます。



GSSの折れ線グラフには「トレンドライン」機能があります。

トレンドラインとは、株や為替の取引などで、今の相場が上がり市場なのか、下がり市場なのかを表す直線です。

つまりその市場の商品価値が上がっているのか、下がっているのかを示す指標になるものなんですね。

 

 

このスト値グラフにトレンドラインを導入してみましょう。

その結果がこちら。グラフを貫く青い直線がトレンドラインです。

 

f:id:tatamisan12:20190331213703p:plain

 

 

ゆるやかではありますが、数を重ねていくにつれ、即っている子のスト値がだんだん上昇していっていることがわかると思います。

 

スト値6(結構可愛い)くらいの子を即っている回数もだんだん増えていますね。

もちろん見ればわかる通り、このころでさえ普通の子(4~4.5くらい)やブスな子(〜4)も即っています。

 

トレンドラインが上昇している理由については、大きく2つに分類できると思います

①即れるレベルの平均が、若干底上げされる。

②普段より可愛い子がちょいちょい即れるので、それにより平均値が引き上げられる。

 

①の理由をさらに掘り下げていくと、おそらく次のような感じになるかと思います。

・自分のスト値を磨き続けていることにより、即れる子の平均が徐々に上がる。また振る舞いに自信がつく。

トークや導線等、同じルーティンを使い続けることによって、ルーティン自体が洗練されていく。

・徐々に女慣れしていくことにより、上のレベルの女の子に対しても堂々と振る舞うことができる。

 

②の理由については、単に数を打つことによってたまに可愛い子も釣れるようになるということだと思います。

 

じゃあかわいい子にだけ声掛けしたらいいじゃん!なんでわざわざブスを抱く必要があるのさ!と思った人もいるでしょう。

なんでだと思います?関東ブス刺会会長の僕は、これに対しても明確な答えを持っています。

 

ブスも抱いて即数を稼ぐべき理由

これはずばり、モチベーションを維持し続けるためです。

我々のような非モテ出身のナンパ師が可愛い子を捕まえるのって、ほんとに難しいんですよ。

ストだとガンシカがデフォだし、バンゲできてもすぐに死番するし。

 

でもナンパクラスタって、ブスを即っても可愛い子を即っても即は即!みたいな風潮あるじゃないですか。

 

即報を上げたらいいねがたくさん貰えるし、可愛くない子即ったらネタにできるし(最低)。

連日即報を挙げてたら凄腕扱いされるじゃないですか。

即画なんて顔写してないからいくらでも誤魔化せるし。

 

凄腕のナンパ師が毎回可愛い子を即ってると思ったら大間違いなんですよ。

 

凄腕と呼ばれる人たちの特徴として、可食が広いことが挙げられます。

「えっお前まじでそいつ即るの?」って子にまで声かけたりします。

でもそれでいいんですよね。

結果としてトークも振る舞いも磨かれますし、即までを通して得られた経験は結果的に自分の血肉になります。

 

今年間100即とかしている人って、実は最初のころかなり選び地蔵してたりするんです。

だから最初のうちって結構かわいい子即れたりするんですけど、即数は全然伸びないんです。

 

見た目がシコくないからとか、ブスだからとか、色々な理由をつけて声をかけない、即らないのはかなりもったいないです。

まあナンパなんて遊びだから好きにやればいいとは思いますが、僕はこういった理由から、ブスでもなんでも抱いて即数を増やすべきだと思いますね。

 

某生エコチン出し会会長も言ってますが、別にブス抱いたってよくないですか?

膣を使ったオナニーでもよくないですか?

 

僕は可愛い子と気を使って丁寧にセックスするより、ブスな子と獣のように貪り合うようなセックスのほうが好きです。中イキしてくれるブスとか最高じゃないですか。

 

別にブスにだけ声かけろと言っているわけではありません。

可食範囲であれば誰にでも声かけたほうがいいですよって話です。

たまにかわいい子も即れるんだから。

そのためには可食ガバガバなのって大切ですね。

 

 

可食が広いことは凄腕の必須要件?

蛇足かもしれませんが最後にもう一言。

僕の中で一番の凄腕ナンパ師は、地雷処理をきっちりやってくれる人だと思います。

 

凄腕とコンビをすると、結構かわいい子を即らせて貰えたりします。

一方でウイングはブスを担当してくれて、セパまできっちりやってくれることが結構あるんです。

 

経験上、コンビで案件の食いつきを考慮せず、可愛い子のほうばかりに行こうとする人はやはり即数は少なく、ナンパも下手で自分勝手なイメージがあります。

 

これってなんでかというと、普段から可愛い子を即ってないからなんですよね。

 

「今回はお前に可愛い子譲るよ。」と言ってブスセパしてくれる人は、やはりコンビナンパのダイナミクスをきっちり理解しており、普段可愛い子「も」即っている、凄腕と呼ばれる人が多いと思います。

 

コンビナンパで必要なものは色々ある気がしますが、最も大切なのはウイングを思いやる気持ちだと思います。

その必要条件こそが可食の広さだと思います。

 

セパるだけセパって時間稼いでもいいかもしれませんが、やはりブス即を楽しめる気概がないとナンパが楽しくないですからね。

 

ブスを即ってふてくされるのではなく、「あいつに可愛い子即らせてやって俺はブス即ったわーwww」と言える人はクラスタからの信頼も厚いです。

 

ちなみに僕もブスセパは結構得意ですが、普段から可愛い子を即ってるからというわけではなく、自動的にブスを刺してしまうだけなので凄腕でも何でもないです。

 

とにかく可食は広ければ広いほど損はしないと思います。

クラスタから信頼されるようになるし、なによりブスとのセックスを楽しめるって、自分が幸せですから。

ちなみに僕はおそらくクラスタトップレベルで可食が広いと思いますが、僕ほど広い必要は絶対ないです。

 

関東ブス刺会会長 冷奴

 

おわり

 

冷奴の!女修行1年目振り返り!③ ~スト値上げへのコミットメント~

 
今回はみんな大好きスト値のお話。
 
(質はともかく)僕が即れるようになったのも、ひとえにスト値上げを頑張ったおかげなので、めちゃくちゃ出撃してるのに全然即れない方はもう一度自分のスト値を見直してみてほしいです。
 
カッコよくなるのって、純粋に楽しいしね。
 
 

①「スト値」を再定義する

界隈で「スト値」という言葉を使う際、多くの場合容姿のことを指して使う場合が多いと思います。
ですが僕は容姿だけでなく表情、姿勢、歩き方、言葉遣いやトーク、性格等も含め、スト値として定義するべきではないかと考えています。
 
前の記事で述べたように、女性は実に様々な視点から我々男性を評価しています。
我々男性は美人であれば性格が多少悪くてもセックスしたいと思えますが、女性はそうではないんです。
嫌いな男とはセックスできないし、人として格上の男性に抱かれたいと思っています。
つまり、セックスという行為をするにあたって、男性はほぼ女性の容姿しか評価していないのに比べて、女性は男性の人格まで評価してセックスするということです。
前に述べたように、女慣れしていること=色気=スト値という定義に従うのであれば、個々人の内面までを包括して「スト値」と定義するべきだと僕は考えています。
 
しかしながら界隈でのスタンダードはスト値=容姿ですので、僕もこれから書いていく記事ではスト値を容姿という意味で使っていきたいと思います。
そもそもナンパにおいては、全く見ず知らずの女性に声をかけるわけですから、容姿が一番大事なのは当たり前です。
容姿で足切りされてしまっていたら、性格を評価することもできないですからね。
 
 

②なぜスト低のままナンパをしてしまうのか?

もう散々言われている通り、ナンパをするにあたってスト値上げは避けて通れない道です。
でもちょっと周りを見てみてほしいんですが、あなたから見てカッコいいと思えるナンパ師ってどれくらいいますか?
 
僕は今年この界隈に入って、恐らくもう100人以上のナンパ師と合流しました。
しかし、そのうちの半分くらいの方は即れる見た目ではないと感じました。
そして実際、そういう人たちはあまり即れている印象はありません。(お前が言うなって感じですが)
ナンパにおいて見た目は、残酷なまでに如実に結果に影響を及ぼします。
もちろんイケメンや高身長は有利ですが、自分がそうでないからといって見た目に無頓着すぎる方があまりにも多いと感じます。
ではなぜ見た目の改善をしないままナンパをしてしまうのでしょうか?
 
それはずばり、自分のことをスト低と認識できていないからなんです。
僕もナンパを初めた当初、本当に本当にスト低でした。
そのわりに彼女はいた事があったし、最低限見た目は大丈夫だろうと思っていたんですね。恐ろしいことに。
前の彼女と3年半も付き合っていて、見た目に関してかなり無頓着になっていました。
それに加え20代中盤に突入し、加齢とともに容姿も悪くなっていきます。
ストを初めた当初はセカンド童貞のような見た目になっていました(kyoさん談)
 
だけどクラスタの人と合流して、一緒にストをしてて、誰かが見た目について指摘をしてくれるわけではないんです。
クラスタ同士とはいえ他人なわけだから、そりゃ容姿についてここを直したほうがいいとかここが駄目とか言えるわけないですよね。
だからこそ皆、そのままの容姿のままナンパしていいんだと考えてしまうわけです。
今思えば10段階中2くらいのスト値でナンパしていたと思いますが、「俺のスト値っていくつ?」って周りの人に聞いても、
みんな気を使って「うーん、5くらいかな!」とか言うわけですよ。明らかにそんなにないのにね。
 
これが、スト低ナンパ師がスト低のままナンパをしてしまう理由です。
本当に自分では全然気づいてないんです。自分がスト低だってこと。
10人に声をかけて7人にガンシカor塩対応されるとかってレベルだと、まず自分のスト値を見直したほうがいいと個人的には思います。
 
「とにかく街に出て声をかけろ!話はそれからだ!」といいますが、それは見た目が標準レベルに達している人の話です。
スト値を十分に上げきっていないまま声掛けをしようとしても絶対にうまくいくはずないし、ガンシカ塩対応が多すぎて嫌になります。で地蔵を抜け出すことなくナンパをやめていくんです。
最初はスト値が高い、カッコいいクラスタの人と合流しつつ、自分の見た目を指摘してもらいながらスト値上げをするのがいいでしょう。声掛けもちょっとずつ慣れていってください。
 

③ブサイクはスト値上げしても無駄なのか?見た目とヒエラルキーの関連性

「俺はブサイクだからスト値上げなんて頑張っても無駄」
「顔の作りなんだから仕方なくない?もう整形するしかないよ」
「髪質が硬すぎる・柔らかすぎるからセットできないんだよね」
 
これらを言い訳にスト値上げを怠る人がいます。
僕はこの言葉を聞くたびに、ひじょーーーーーーーもったいないなと思います。
 
理由は2つあって、
1つ目に、顔の作りはいくらでも他の部分で誤魔化せるということ。
2つ目に、見た目はそれ自体が、実社会でのヒエラルキーを表しているものだからです。
 
前者について。
よく勘違いしている人がいるのが、スト値(容姿の良し悪し)=顔面値ではないということです。
僕は元の顔がブサイクです。鼻ニンニクだし(関西の某クラスタに言われた)、目は一重で蒙古襞が強くて離れ目だし、唇も分厚いし、ニキビもできやすい体質だし、元の顔が童顔よりなのに髭は濃いです。
けど、大部分が誤魔化せちゃうんですよね。主に髪型で。
陰キャ時代の僕は、ロクにヘアセットも学ぼうとせず毎日寝癖を直す程度で学校や仕事に行ってました。
美容室なんか地元の知り合いの店で、ロクに技術もない美容師に適当にカットしてもらってました。
ですがきちんとした美容室に通って、自分の髪質を知って、正しいセット方法で自分にあったワックスを使えば、たいていお洒落な髪型になります。
 
自分にあった髪型がわからないとか、髪質がこうだからセットできないとかは甘えです。やり方を調べてください。毎日ヘアセットの練習してください。ワックス買い漁ってください。美容室に通いつめてください。
 
僕もまだまだ髪型については、改善の余地がかなりあると思っています。髪型が第一印象で与えるインパクトはかなりでかいので、ここはケチらず投資しましょう。
 
髪型以外にも、元の顔面値を誤魔化す方法なんていくらでもあります。
ニキビは皮膚科に行って生活習慣を改善すれば良くなるし、メイクを覚えれば顔面をかなり底上げできます。
高校生のときとか、イケメンになりたくて頑張ってアイプチしたりして、今では朝二重を作れば1日中二重を維持できるくらい癖がつきました。
 
これだけメンズメイクが流行っている中で、未だに「男が化粧なんて…」とか「毎朝メイクって面倒くさくね?」と思っている方もいると思いますが、甘いです。
元がブサイクな男がナンパで結果を出そうと思ったら、見た目にはいくら気を使っても足りないくらいです。
ナンパクラスタ1のプラグマティスト、まーぼーさんが仰ってましたが、そもそも女の子が自身のスト値を3くらい盛った状態で歩いているんです。
見た目を盛りまくらないと、可愛い子なんて相手にすらしてくれません。周りにいくらでも遊んでくれるイケメンがいるわけですから。
 
とにかく見た目を盛りまくってください。必要ならメイクもしてください。元がブサイクすぎてどうにもならないなら、整形も視野に入れてください。
何年もモテてこなかった男が、自分を変えるために、修行のためにナンパをするんです。それくらいの覚悟はしといたほうがいいです。
とにかく見た目に気を使うようになるとモテます。若い子からは特に。ナンパがかなり楽になるんです。やらない手はないはずです。
 
後者について。
顔の作りはキレイなのになんかダサくて垢抜けないって人、いますよね?
逆に、顔は別にそんなにイケメンじゃないけども、なんかイケてて垢抜けてる人もいますよね?
前者は女の子から「残念なイケメン」という印象を持たれ、後者は「この人イケメンじゃないけどなんかリア充っぽい、モテそう」という印象を持たれます。
これってなんで後者のほうがモテるんでしょうか。
 
僕は学生の陰キャ時代からずーっっとこのテーマについて(陰キャな見た目のまま)考えていて、最近ようやく答えが出ました。
それはヒエラルキーです。見た目は、その人がカッコいいか、カッコよくないかということ以外にも、その人が社会のどのあたりに位置するコミュニティに属しているのかということを表しているからです。
 
当たり前の話です。身体にフィットするスーツを着ておデコを出しておけば仕事できそうなビジネスマンに見えるし、金髪にしてカラコン入れてガッツリメイクしてちゃらちゃらした服装をしていれば水商売の人に見えます。
髪をロクにセットしていない人や、メガネを掛けている人、服装に無頓着な人は陰キャっぽく見えるし、
トレンドで似合っている髪型にして、お洒落なファッションをしている人はなんだか陽キャっぽく見えます。
 
前述した通り、女性は格上の男に抱かれたいと思う生き物です。
大学生の頃、陰キャサークルと陽キャサークルがあったのを思い出してください。
僕も周りの男達も陽キャサークルで美女と戯れるリア充男を羨んでいましたし、恐らく同じサークルの女の子たちも、僕たち陰キャよりかはリア充サークルの男に抱かれたいと思っていたはずです。
同じブサイクだったら、可能な限りヒエラルキーが高いブサイクに見られたほうが得なんですよ。
つまりイケメンと思われることも大事ですが、「この人イケてるな」「イケてるコミュニティに所属しているんだろうな」と思われることが重要なんです。
そのためにも髪のセットはきちんとするべきだし、ファッションの研究も怠るべきではありません。
 
ナンパで出会う女の子は皆初対面です。今まであなたが陰キャ非モテだったとか、過去の話は一切関係ないんです。
第一印象で、「あぁ、この人はリア充コミュニティで可愛い女の子にちやほやされながら生きてきたんだろうな」というイメージを刷り込むことがなにより大事なんです。
実際イケメンじゃなくてもモテてる人って、総じて垢抜けた見た目をしていますからね。
 
このスト値とヒエラルキーの話については、刺しナンの話でもう少し詳しく解説していきたいと思います。
 
 
おわり
 
 
 
 

冷奴の!女修行1年目振り返り!② ~非モテがストリートナンパで結果を出せるようになるには~

前回の記事の続きです。
 
今回は、非モテがストリートナンパでコンスタントに結果を出せるようになるためにはどういったプロセスで成長していくのが望ましいのかを書いていきたいと思います。
 
正直まだ僕は総GET数30もいってないんですが、最近は本当にストで即るのが楽になってきました。スト値、トーク、導線も整ってきて、あとはもっと試行錯誤してPDCAを回し、改善を繰り返すフェーズに入ってきていると思います。
ここまでたどり着くのに本当にめちゃくちゃ苦労したんですが、実はもっと楽な方法があったんじゃないか?と思ったのが、今回の記事を書こうと思ったきっかけです。
 
以前ちょっとだけバズったツイートがあって、たくさんの共感のコメントを頂きました。そのツイートがこちら。
 

 

 大事なのは「ブスでも我慢して抱く」の部分です。笑
 
以下、一つ一つのフェーズについて解説していきたいと思います。
 
①ネトナンと女慣れ
まずはネトナンです。ネトナンなんかナンパじゃねえ!男は黙ってストナンだ!という人もいますが、非モテがネトナンをやらずにいきなりオフラインナンパ(ストリート、クラブ、バー等)をやったら死にます。正直言って時間の無駄です。
僕は実際ストナンから始めて半年間、地獄の思いをしました。
いきなりオフラインナンパをやって成功するのはもともとモテた人か、実はイケメンだったけどモテなかった人だけです。
 
なぜわざわざネトナンから始める必要があるのかというと、即を量産するためには女慣れする必要があるからです。
「女慣れ」、一言で言うとかなりざっくりした言葉ですが、実に様々なエッセンスを含んだワードだと思います。
 
単に振る舞いが「女慣れ」していることを表しているだけではありません、髪型、服装、体型、雰囲気、トーク等々、すべての要素において女性に男としての価値を感じさせてこそ「女慣れ」していると言えるでしょう。
 
男性が女性に感じる色気は容姿による割合が大きいのに対し、女性が男性に感じる色気は様々な要素で構成されています。
それらを統合し、ざっくりと言い表した言葉が「女慣れ」であり、ナンパクラスタ的に言えば「スト値」であると僕は認識しています。
まあここらへんは後々スト値についての理論のあたりでまた後々書きたいと思います。
 
とにかくナンパで結果を出すためには、「女慣れ」感が必要なんです。
そもそも非モテ非モテたる所以とは、女性との色恋的なコミュニケーションの機会に恵まれてこなかったということです。
ろくに女性を誘惑する術も知らないままストリートナンパを始めてしまうとどうなるか。
まず最初に声のかけ方がわかりません。そのため地蔵します。
地蔵を抜け出し声をかけられたとしても、女性は見た目、挙動、声量等から一瞬で非モテを見抜き、「あ、こいつないわ」という判断を下しガンシカを食らいます。
運良く連れ出せたとしても何を話していいかわからず、セックスする雰囲気なんか1ミリも作れることなく終わります。
そんな状況が続くもんだから、地蔵はますます悪化しそのうちナンパをやめてしまいます。
 
そもそもツイッターのナンパクラスタを見て界隈に入った人、特に関東のクラスタに多いと思うのですが、
非モテからの脱却」「自己改革」「成長」なんかを掲げてナンパを始めると思います。
ツイッターを見てナンパを始めるのは、正直言って稀なケースです。
女の子をナンパをしてみようと思うきっかけとして多いのは、もともとそれなりに女遊びをしてきた陽キャリア充が、遊びの延長でナンパしてみるといった動機だと思います。
ものすごい結果を出している凄腕の方を見ても、今までそれなりにモテたとか、女性に困らない人生を送ってきた人が多いんです。
そういう人たちはもちろん見た目もイケてるし、対女性コミュニケーションに長けています。
 
要するに順番が逆なんですよね。陰キャ陰キャのままストナンを始めるからロクに結果が出ずに嫌になってやめてしまうんです。
まずは女性経験を積んで、それからストナンをやるのが一番の近道なんです。
そのためにネトナンは最適のツールだと思います。
写メを盛りまくればスト低の状態でも全然女の子に会えてしまうし、なんなら顔出ししないでセックスするメソッドも巷に溢れています。
そのため最初は見た目の改善を最優先に行いつつ、ネトナンを極めてください。
 
最初は直ホでいいです、女性と触れ合うことで恋愛やセックスの機微を知るということがこのフェーズでは一番大事です。
ネトナンは即系と呼ばれる女性が非常に多く、Tinderやタップルといったアプリにはヤリモクの女性が沢山いるため、少しコツを掴んでしまえば割と簡単にセックスにありつけると思います。
まずは有名なネトナンクラスタのコンサルを受けてみるのが一番いいでしょう。
僕はメッセでふざけすぎてタップルもTinderも垢BANされてしまったため、もうネトナンはやっていませんが。笑
 
直ホに慣れたら、スクリーニングを全くかけないアポで口説きの練習をしてみましょう。
僕は相席屋とか街コンとか、あとはリアルつながりの女の子とアポを組んで口説いてみるという、今思えばキチガイなこともやりました。即れたのでいいですが。
 
ブスが来ても我慢して口説いてください。会計を奢らされて逃げられることもあるでしょう。でもなんとか口説いてセックスを勝ち取ってください。
僕も相席屋でブスな子を口説いて、後日イヤイヤ準即しました。
 
非モテが可愛い女の子を抱きたいとかなんだとか、寝言を垂れている余裕はありません。
垢抜けない、なんかイモい、女慣れしていない男に価値なんかありません。
そんな男に女性は口説かれたいと思っていません。
Easy win frist、スモール・ボール戦略です。
 
まずはブスでもなんでもいいから口説いてセックスして、付き合ってもいない女性とセックスするということはどういうことなのか、口説きのプロセスを知るということが一番大事なんです。
 
ちなみにネトナンで可愛い子が来てたまたまセックスできたとしても、キープしてやろうとか考えてはいけません。
マッチングアプリにいる可愛い子はほぼ確実に自分の市場価値を高く見積もっており(実際高い)、非モテの状態でセックスできたとしてもそれはほぼまぐれである可能性が高いです。
 
恋愛工学ではセックス・トリガー理論というものがありますが、あれは嘘です。
僕らだって思うでしょ?「あーなんか写真と違う子がきたけどまあやれるっちゃやれるなあ。でもおかわりは無しだな。」的なこと。
恋愛経験豊富な女の子にとって、たかが男に1発やらせるくらい、なんてことないんですよ。
セックス・トリガー理論を真に受けると、「この子はやらせてくれたから俺の全てを受け入れてくれたんだ!」とか勘違いする羽目になります。
向こうはセックスした後、なんでこんなつまんねえ非モテとやったんだろ」という気持ちになっています。
そのためこちらから非モテコミットすればするほど、死番したときのダメージは大きく、立ち直るのも遅くなります。
最終的にストナンで結果を出したいんだったら、ここで足踏みしている場合ではないんですよ。
人によってどういう目的でナンパをしたいかにもよりますが、涙を飲んでさよならしましょう。
少なくとも可愛い子の可食に入れたという事実は自信になります。
ただし、むこうからおかわりリクエストがあった場合は喜んでおかわりしましょう。まあそんなことはほぼありませんが。
 
②クラナンでモテ男の雰囲気づくり
ネトナンで10即とかそれくらいしたら、流石に女性への耐性もついていることでしょう。
アポを繰り返すうちにトークも見た目も改善していることと思います。
というかこの時点で、生涯の男性の経験人数に軽くリーチしています。
20代半ばで経験人数10人とか、一般人の感覚からしたらチャラいらしいです。
ナンパクラスタにいるとここらへんの感覚が麻痺してきますが。。。
 
ネトナンで最低限女慣れしてきたら、次はクラナンにチャレンジです。
え!ストじゃなくていきなりクラナンやるの??と思われるかもしれませんが、実はクラナンはモテる男の雰囲気づくりにもってこいなんです。
 
まず毎週末クラブに通っていると、見た目が改善されます。
言い方おかしくね??と思われるかもしれませんが、改善されるという言い方が正しいです。
僕は最初、スト低状態のままクラブに行き、まるで自分がここにいてはいけないような、なんとも言えない居心地の悪さを感じました。
そりゃそうです、クラブにはイケメンや美女がうじゃうじゃいます。自然と見た目の改善に意識が向くわけです。
また、いま流行りの髪型や服装なんかも勉強できます。モテそうな男がどのブランドの服をどういう着こなしで着ているのかとか、観察してみるいい機会になると思います。
 
僕的にクラナンをやっていて一番大きかったのは、ボディタッチのメンタルブロックがなくなったことです。
クラブは大音量で音楽がガンガンかかっているため、自然と話す距離は近くなります。
身体が密着するくらいの距離で話すため、自然とボディタッチに抵抗がなくなっていくんです。
ストでもバーでもアポでも必要な、適切なタイミングでボディタッチを繰り出していく感覚を養えると思います。
 
クラブでの即数がだんだん増えてきたら、見た目的には十分ストリートで通用するくらいになっていると思います。
個人的には日本で一番渋い箱と言われているAtomで普通レベルの子を即れれば、ストリートナンパをするにあたっては十分なスト値に達していると思います。
 
③バーナンでトークを磨く
ストナンと比べてバーナンのいいところは、ほとんどガンシカがないことです。
東京の主要な駅の繁華街のHubやパブリックスタンドには、出会いを求めて集まってくる女性が沢山います。
そのため声をかければ必ずオープンします。地蔵もしにくいため、ガンシカされるとトークの練習さえできないストナンに比べ、だいぶハードルは低いと思います。
クラスタに比べ、遊びでバーナンをしている野生のトークなんて正直言ってクソです。「よかったらこっちで一緒に飲みましょ!」とかそういうのばっかです。
センター街のHubなんかはイケメンが多いのも事実ですが、怖がらずに頑張って食らいついていきましょう。
ここで培ったトーク力は後々ストをやるときに役立ってくるはずです。
 
④ストリートに出る
これまで培ってきたスキルを総動員して、いよいよストリートナンパにチャレンジです。
初めは誰かしらの講習を受けることをおすすめします。理想は講習語のアフターフォローがあって、グループチャット等のコミュニティがある講習がベストです。
一番大事なのが、受講者のあなた目線でスト値が高い、カッコいいと思う講師がやっている講習を受けてください。
後々書きますが、出撃して即れる確率、また即れる女の子の質は、ナンパ師自信のスト値にかなり依存します。
多くの講習では、声のかけ方や連れ出しのやり方、各種クロージングのやり方等は教えてくれます。
しかしながらそれは本質ではありません。結局女の子はナンパ下手なイケメンと、声かけの超絶テクニックを身に着けた不細工だったらどっちに声をかけられたいかというと前者なんですよね。
そこがわからないまま声かけの方法だけを学んでも意味ないんですよ。
まともな講師はこれがわかっているため、見た目の指摘やアドバイスをくれます。
しかし講師自身がスト低だと、講習生に見た目のアドバイスや指摘をすることができないんですよね。
なのではっきりズバッと言ってくれる講師が一番いいです。
 

 

 

amiさんのファッションコンサルはボコボコに言ってくれるらしいです。(現在募集しているかは不明)

 
スト値上げ、声掛けの仕方を覚えたら、なるべく毎日出てLゲや連れ出しの感覚を覚えましょう。
スト値が低いうちやストに慣れていないうちは、なかなかLゲも連れ出しも難しいと思いますが、そのうちできるようになっていくでしょう。
僕もスト低時代ほぼ毎日出てたなあ。全く即れてなかったけど。笑
 
以上が主な流れですが、俺はどうしてもストをしてえんだ!という方は止めません。
ガンシカや暴言を浴びまくってください。笑

個人的にはストとネトを並行してやって、週末クラナンをする感じでもいいと思います。僕も今はそんな感じでやってます。最近あまりストやってませんが。 

スト値上げは何をするにしても必須項目です。必ず初めに手を付けてください。

 

次回からはスト値とスト値上げについて書いていきたいと思います。

 
 

冷奴の!女修行1年目振り返り!①

こんばんは!冷奴です!
 
僕が女修行を始めて(正確には女修行を始めるきっかけとなる恋愛工学と出会って)1年が経ちました。
振り返ると本当に色々あったなぁと思う年でした。
この1年で僕は、見た目もマインドもすっかり別人のように変わりました。
 
もともと彼女とかはいたものの、女遊びとかはしたことがなく、モテるリア充男を横目に見ては日陰から羨んでいた人生を送ってきました。
 
せっかく年の瀬だし、なんか振り返ってアウトプットしてみたいなと思い、
1年かけて積み上げてきた経験、知識・理論を自分なりに体系化し、
これからコラムという形で何回かに分けてブログに書いていくことにしました。
 
界隈に恩返しをするという意味で、有料のnoteにはしませんでした。
そもそも僕が勝手に考えたことを書き殴っただけなので、お金が取れるレベルではないのですが。笑
 
僕はナンパ歴もたった9ヶ月ですし、講習とかができるほど即れているわけではありません。ですが経験人数2人の陰キャコミュ障から女遊びを始めたという点で、
今は非モテだけどなんとかしてモテたい、人生を変えたいと思っている人のロールモデルにはなれるんじゃないかと思っています。
これからナンパを始めてみようという方や、ナンパで全然結果が出ずに困っているという方は是非ご一読いただけると嬉しいです。
 
この記事では、まずは女修行を始めるまで・始めた後の僕の恋愛遍歴を簡単に書いていきたいと思います。
興味なければ読み飛ばしてください。笑
 
まずは女修行を始めるまでの恋愛遍歴から。
 
高2の夏            なんか流れで初彼女ができる。(スト値5くらい)
高2の冬            他の女の子と仲良くしてたら振られる。童貞卒業ならず。
大学1年            陰キャサークルに入り陰キャ化する。
大学1年の秋        同じサークルのブスで童貞を捨てる。(スト値3くらい)
大学3年の夏        人生で2人目の彼女ができる。(スト値4くらい)
大学3年の冬        なんやかんやあって非モテコミットして振られる。(半年間ノーセックス)
大学4年の春        人生で3人目の彼女ができる。(スト値5くらい)
大学4年の秋        サークルのブスにセックスしたことをみんなにバラされる。
社会人1年目の夏    彼女と同棲を始める。
社会人3年目の夏    彼女と別れる。
 
何人か彼女はいたけど経験人数は2人という、ほぼ童貞のような状態だったんですね。笑
 
次に、女修行を始めた後の経歴です。
 
2017年    12月    恋愛工学と出会う。
2018年    1月    元旦、不抜誓(シコらずの誓い)(誰も使ってない)と共に、女修行に励むことを成田山の神仏に打ち立てる。    …①
            相席屋で会った子を連れ出して手マン負けする。後日準即する。(スト値3くらい)    …②
        2月        Tinderで会った女性にア○ウェイに勧誘され、帰りに怒りのストデビュー。
                スカウトの人にやり方を教えてもらって初Lゲ。死番。
        3月        リア友を即る。(スト値6くらい!)        …③
                初合流してがっつりストをする。
                ストデビューから2週間後、準々即を達成する。(スト値4くらい)…④
        5月        しばらく結果が出なかったものの、なんとか初即を達成する。(スト値5くらい)…⑤
        6月        ネトナンを始める。ストと合わせて3get。
        7月        1get。
        8月        1get。スト値上げを真剣に始めてみる。
        9月        4get。
                明太子遠征でクラナン初即を達成する。
                メイクを覚える。
                ストで久々に可愛い子を即れたことにより自信がつき始める。(スト値5.8くらい)
                即った可愛い子が死番したため女修行終えるまでおかわり、彼女化禁止を決意する。    …⑤
        10月    ストのみで6get。
        11月    スト、箱で5get。
 
 
各番号ごとに関連エントリを再掲しておきました。読んでいただけると嬉しいです。
 
① みんな大好きオナ禁の話。2019年も不抜誓しようぜ。

 

tatamibrog.hatenablog.com

 

 

tatamibrog.hatenablog.com

 

 

tatamibrog.hatenablog.com

 

 

相席屋で会った子を準即した話。この子が全ての始まりでした。

 

tatamibrog.hatenablog.com

 

 

③リア友相手にアポを組みまくってた頃の話。今思えばキチガイすぎワロタ。

 

tatamibrog.hatenablog.com

tatamibrog.hatenablog.com

 

 

④記念すべきスト初ゴール。上野公園散歩ルーティンはオススメのアポコース。

 

tatamibrog.hatenablog.com

tatamibrog.hatenablog.com

 

 

⑤記念すべき初即。この子可愛かったなあ。

 

tatamibrog.hatenablog.com

 

 

⑥ギャルアポとおかわり禁止の誓い。

 

tatamibrog.hatenablog.com

 

 
こうしてみてみると、やはりスト値上げを意識して始めた9月から結果が出始めていますね。まあ大して結果出てませんが。笑
そのためこれから書いていくコラムは、スト値上げについての比重がかなり大きくなると思います。
スト値を上げるまでの半年間は、マジでホントに地獄の修行でした。同じ時期に始めた同期のスト師がガンガン即報を上げているなか、
自分だけ結果が出ない劣等感、嫉妬、焦り。割と本気でナンパを諦めようかと思っていたほどです。
 
女慣れしていない、スト低、即への導線が見えない。三拍子揃った状態でストナンから始めるのはまさに修行と言えます。
ここまで来るのにだいぶ遠回りをしてきたなと、自分でも思います。
これからナンパを始めたいと思っている方や、ナンパを始めたけどなかなか結果が出ない方は、是非これから執筆していくコラムを読んで、役立てていただければと思います。
ストナン、クラナン、ネトナン、スト値上げ等、それぞれの技術・テクニックについては、僕はあまり詳しくは語れません。
ですが非モテがナンパで結果を出せるようになるまでに何をするべきか」というテーマについては、誰よりも深く語れる自信があります。それだけ苦しい思いをして這い上がってきた自負もあります。
 
これから書いていく記事ひとつひとつが、皆さんの中に立ち込める、非モテという闇を照らす一筋の光となればと思います。